国家資格の一覧と総合情報サイト

経営・労務・財務の国家資格情報

経営・労務・財務の国家資格のニーズ
企業活動を行う上で必須の国家資格や、人材募集の前提条件とされる資格があります。それらの国家資格を持っていないと厳しいわけですが、逆に国家資格を持っていると優先的に就職できるといえます。また、企業がパートナーとして必要とする国家資格もありますので、独立開業の道も開けています。レベルが高い資格もありますが、独立を夢と掲げている人には魅力的な国家資格でもあります。

経営・労務・財務の国家資格一覧
中小企業診断士
社会保険労務士(社労士)
公認会計士
税理士
金融窓口サービス技能士
ファイナンシャル・プランニング技能士



経営・労務・財務の国家資格情報一覧
中小企業診断士
中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家を言います。日本の企業は大企業より中小企業が圧倒的に多く、日本の「ものづくり」を支えているのは、中小企業の活力だといえます。そんな中小企業のパートナーとして期待されるのが「中小企業診断士」です。

社会保険労務士(社労士)
企業活動を行う上で必須の資格や、人材募集の前提条件とされる資格があります。それらの資格を持っていないと厳しいわけですが、逆に資格を持っていると優先的に就職できるといえます。また、企業がパートナーとして必要とする資格もありますので、独立開業の道も開けています。レベルが高い資格もありますが、独立を夢と掲げている人には魅力的な資格でもあります。

公認会計士
企業の決算報告に必要な監査役は「公認会計士」の独占業務となっています。監査の専門家ですから、会計帳簿や伝票、資産状況を調べ、企業が公表する財務諸表が適正かを監査します。

税理士
税制は複雑で、しかもしばしば改正されるので、普通の企業では税務に関する業務を専門家に依頼します。この専門家が税理士と呼ばれる人です。試験はかなりの難関ですが、受かれば独立開業することもできるし、企業内の経理部門に勤務するとしても、断然有利で将来性のある資格です。

金融窓口サービス技能士
金融窓口サービス技能士(テラー業務)とは、金融関係業務の窓口対応をはじめ、事務処理や金融商品の販売、為替など多彩な業務をこなす人のための国家資格です。金融窓口サービス技能士は国家検定ですから、合格すれば金融機関での活躍の場が期待される資格といえます。

ファイナンシャル・プランニング技能士
ファイナンシャル・プランニング業務の、知識と実践技能の検定です。
金融機関の職員や、資産に関する相談業務に従事する人には必須と言える資格です。




posted by 国家資格の総合情報 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・労務・財務の国家資格情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。