国家資格の一覧と総合情報サイト

司法・法律の国家資格情報

司法・法律の国家資格のニーズ
我々国民にとって法律や、それに関する手続きは難しいものです。したがって、法律に関する業務や手続き・申請を代行するのが、このジャンルの資格を持った人たちです。法律に関するプロフェッショナルですから、資格の中でも難関ぞろいですが、資格を取得した後は開業への道も開けていますし、資格の性格から地位も高く評価されます。

司法・法律の国家資格一覧
司法書士
行政書士
弁理士
裁判所事務官T種
裁判所事務官U種
裁判所事務官V種
家庭裁判所調査官補T種
海事代理士
刑務官
法務教官
保護士

司法・法律の国家資格情報一覧
司法書士
司法書士の業務で多いのは登記申請の代理です。不動産の名義変更や、お金を借りるときの抵当権設定登記をしたりします。その他にも裁判所や検察庁などに提出する書類を作成したりと、我々の権利と生活を守る法律のプロとして期待されているのが司法書士です。試験は難しいですが、登記業務のエキスパートとして活躍の場は広く、独立開業への道も開けています。

行政書士
行政書士は役所に提出する許認可等の申請書類の作成・提出手続きの代理や、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。行政書士は、官公署に提出する書類等を正確・迅速に作ることで、国民の生活の権利や利益を守ることから、国民から大きく期待される職業といえ、行政書士の資格もニーズが高いといえます。

弁理士
弁理士の仕事とは、新製品の特許権、実用新案、意匠権、商標権を特許庁に出願する手続きの代行をします。この手続きは発明者が自分で行うことも可能ですが、手続きはとても複雑ですので弁理士の出番となります。時には国際出願の業務にも携わるため、語学力や幅広い分野での知識が要求されますが、産業財産権制度のエキスパート的な存在となれます。

裁判所事務官T種
あまり聞き慣れない国家資格の裁判所事務官T種。この資格を持っている人は裁判所の司法行政部門等に配属されます。具体的な仕事としては、裁判を迅速にするために、支援する事務を担当したり、裁判所書記官の補助者として各種裁判事務を担当したりもします。この違いは配属先が違うからです。

家庭裁判所調査官補T種
家庭裁判所調査官補とは、少年事件等を調査する仕事に従事します。加害者に家庭環境、生い立ち、経歴などを調べ、さらには心理学をも駆使してその人の処遇についての意見書を提出します。
少年犯罪が急増している昨今では、ニーズは高まりつつあるかもしれませんが、試験も仕事の内容も、かなり難しいといえるかもしれませn。



posted by 国家資格の総合情報 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 司法・法律の国家資格情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。