国家資格の一覧と総合情報サイト

介護・福祉の国家資格情報

介護・福祉の国家資格のニーズ
高齢化社会と核家族化の現代社会で、もっとも関心を集めているのが、このジャンルの資格ではないでしょうか。福祉関係の資格を持っている人は、今後もっと必要とされるでしょうし、健康管理や医療関係の資格も高いニーズが続くと予想されます。難しい資格もありますが、仕事は社会貢献的な側面もあわせ持っているため、やりがいも高いといえます。

介護・福祉の国家資格一覧
介護福祉士
社会福祉士
介護支援専門員(ケアマネージャー)・・・公的
ホームヘルパー・・・公的
移動介護従事者
福祉住環境コーディネーター検定試験・・・公的
福祉用具専門相談員・・・公的
精神保健福祉士
手話通訳士・・・公的

介護・福祉の国家資格情報一覧
介護福祉士
急激な高齢化が進む中で、核家族化や扶養意識・環境の変化なども手伝い、家庭での介護能力は低下しているのが現状です。こうした状況下で、在宅や施設での介護を充実と強化を図り、国民の福祉の向上を目的に制定された資格です。今現在でもニーズは高いですが、今後ますます注目されるのが介護福祉士の資格で、専門的な知識と技能が発揮できます。

社会福祉士
高齢者や身体障害者の福祉に関する相談に応じたり、助言や指導を行うのが社会福祉士の仕事です。身障者や児童に対する相談や援助も行うことから、福祉全般の専門知識や技能が必要になりますが、今後の高齢化社会を迎える中ではますますニーズが高まる資格です。

介護支援専門員(ケアマネージャー)・・・公的
ケアマネージャー(介護支援専門員)は、要支援・要介護と認定された人に対してケアプランを作成し、サービス提供者と調整し介護保険の給付管理をする仕事です。介護保険の理念では、介護を受ける側が自らの責任で受けたいサービスを選択できることですが、その際に相談に乗ったり手続きを行ったりするのがケアマネージャーの役割で、今後のニーズは高まっていくでしょう。

ホームヘルパー・・・公的
高齢者や身体障害者のいる家庭を訪問して、生活援助や身体介助などの日常生活全般の援助を行い、介護現場の最前線で活躍するのがホームヘルパーの仕事です。資格は都道府県知事が指定する訪問介護員養成研修の課程を修了すれば取得できますが、需要に対し供給が追いついていないのが現状で、特に2級以上のホームヘルパーの需要は依然として高い状況です。


posted by 国家資格の総合情報 at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護・福祉の国家資格情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。